女性も加齢臭する?アラフォー男女はご注意オヤジ臭の原因とは?

鼻をつまむ男性

 

おじさん特有の匂い「オヤジ臭」は、加齢臭です。
古い家具やおもちゃに匂いがつくように、人間も原理的には同じであり、年を増すごとに匂いがきつくなるのは、当然のことだと言えるでしょう。

 

加齢臭は、ミドル世代(30半ば〜50代)くらいの男性特有の匂いと捉えがちですが、実は女性にも加齢臭があるのはご存知ですか?

 

今回は、男性・女性にありうる加齢臭の原因について、男女別でご紹介したいと思います。

 

加齢臭対策クリーム比較ランキング!効果の持続性で選ぶならコレ!

 

女性も加齢臭はある?原因は男性と同じ?

女性も男性同様、加齢臭があり、加齢臭を発生させる原理は同じです。

 

女性の加齢臭があまり目立たない点は、女性は男性ほど皮脂量が少ない為です。
そして、体内の女性ホルモンの働きにより皮脂の分泌を抑えているので、男性と同世代であっても加齢臭の匂いを発生させない女性が多いでしょう。

 

しかし女性ホルモンの分泌が減少すると、男性ホルモンの働きが活発になり、皮脂が増えるので、加齢臭を発するようになります。
女性ホルモンの分泌は、30歳頃にピークを迎え、それ以降は、除々に低下していきます。40代後半から50代になると急激に減少してしまいます。

 

女性ホルモンが安定している間は、心身共安定し、お肌の調子も良く、体調が良い時期ですが、女性ホルモンの減少を辿ると、イライラ・不安・ほてり・めまい・腰や肩こり・不眠といった更年期症状が起こります。

 

その時期に加齢臭を発生させやすいと言えるでしょう。
また、加齢も活性酸素の影響で、加齢臭を強めてしまいます。

 

そして、男女共共通して言えることは、若くても食生活や生活習慣・喫煙・飲酒・ストレスの影響で、加齢臭を発生させてしまうことがあるということです。

 

女性の方が男性より匂いには敏感ですが、加齢臭がすると聞いていい気分になる男性もいないでしょう。
気になる方は早めに加齢臭の対策をすることが大切です。

 

とはいえ、そもそもなぜあのニオイが発生するのでしょうか?
ニオイ発生のメカニズムを知っておきましょう。

 

アラフォー男性の加齢臭 ニオイを発生させるメカニズムは?

原因その@

不快な匂いを発生させる加齢臭。その原因は、加齢にともなって発生する「ノネナール」という物質です。

 

私達人間の皮膚には、無数の毛穴があり、毛穴の中に皮脂腺が存在します。
本来皮脂は、皮脂線より分泌され、毛をつたって脂肪が出てきます。表皮に出た皮脂は、汗と混じり皮脂膜を作ります。

 

皮脂膜は、外部の刺激から肌や髪を守り、うるおいを与える役目をしています。そして皮膚を弱酸性に保ち、有害な菌の繁殖を抑える働きがあります。

 

しかし、皮脂腺内のパルミトオレイン酸という不飽和脂肪酸と過酸化脂質が結びついて、酸化や分解されることで「ノネナール」を発生させてしまいます。

 

原因そのA

一つ目の原因は、「ノネナール」が原因でしたが、二つ目の原因は、身体を酸化させる「活性酸素」によるものです。
活性化酸素は、老化の原因となる嫌なものと捉えがちですが、適量であれば身体に悪いものではありません。

 

人間の体内では、日々活性化酸素が作られ、有害なばい菌や細菌から身を守ってくれる役割を果たしています。

 

20代から35半ばにかけては、活性化酸素はちょうどよく作られ、不必要な分に関しては、体内で除去する作用がありました。
一方で、35歳以降、40歳をすぎると、体内に除々に活性酸素が増え始めます。

 

活性酸素により酸化した皮脂は、古臭いような、チーズの匂いのような・・なんともいえない独特な匂いを発生させます。

 

加齢臭はどの部分から発生するの?

皮脂線が特に多いとされる頭・首回り・耳の後ろ・おでこ・鼻・ワキ・背中・胸など、上半身のほとんどすべてから発生されます。

 

特に匂いを発生させやすい場所は、「耳の後ろ」です。耳の後ろは、皮脂がたまりやすく、入浴時にしっかりと洗っている方が少ないのが原因です。

 

他、皮脂線が一番多い頭は、加齢臭や体臭、汗等の匂いが混じり、匂いが強くなって現れます。
これに続く、首や顔・身体の各部分からも加齢臭を発生させ、汗等と混じり、衣類に匂いが付着してしまい匂いをより強く発生させます。

 

世のミドル世代の皆様、匂いには敏感になり、注意が必要です。

 

加齢臭の匂いに気づき、ニオイ防止の対策を!

加齢臭や体臭に関しては、とてもデリケートな問題です。
脳が自分の発する匂いに麻痺してしまい異臭だと感じないので、自分自身で気づくという方は少ないでしょう。

 

しかし相手に不快を与えるような匂い「スメハラ」(スメルハラスメント)だと言われないように、まわりが気づいたら相手に伝えてあげること。
そして自分自身に加齢臭があると受け入れる事が、加齢臭対策を始めるとても良い機会だと思います。

 

自分自身で加齢臭かもしれないと感じた時は、すぐに対策をとっていきましょう。

 

 

※関連記事

加齢臭はいつからどんな臭いがする?臭いの原因とは?

加齢臭対策クリーム比較ランキング!効果の持続性で選ぶならコレ!