加齢臭に効く入浴方法!体の洗い方とおすすめ消臭石鹸3選

お風呂に入る男性

 

季節問わず臭ってしまう加齢臭。
自分が思っている以上に、他人には臭く感じているのが事実です。

 

加齢臭には、生活習慣を変えることが一番重要なことですが、習慣を変えるっていうのは、なかなか難しいこでではないでしょうか?

 

体の洗い方を変えれば、加齢臭の不快なニオイを消すことが出来ます!
簡単で今日からでも始められる対策として正しい入浴法として加齢臭対策になる体の洗い方をご紹介します。

 

記事の後半では加齢臭に効果の期待できる石鹸も3点ご紹介します。

 

加齢臭対策クリーム比較ランキング!効果の持続性で選ぶならコレ!

 

加齢臭対策に効果的な入浴法!なぜ体の洗い方が重要なの?

お風呂に入る

 

加齢臭や体臭は、汗が原因と捉えがちですが、汗は無臭です。

 

汗は無臭なのですが、汗をかいた後に細菌が繁殖することによって、加齢臭や体臭を作り出します。
そして他にも、皮脂やアカなどの皮膚の汚れがニオイを発生させる原因になります。

 

皮脂の分泌が活発な男性の加齢臭は、酸化臭です。

 

油が酸化すると黒ずんだり、不快な重たいニオイを発するのは皆知っている事実でしょう。
人間も同じく、本来お肌の潤いを与えてくれる役目の皮脂が酸化して、加齢臭や体臭を作り出してしまいます。

 

そこで、加齢臭に重要になるのが体の洗い方です。
表皮上の細菌を正しい洗い方で洗い流し、細菌を繁殖をさせないようにする必要があります。

 

そして、加齢臭を発生させやすい部位を綺麗に洗うことやお湯の温度・洗い方・入浴後のケアを重点におくことで、ニオイの発生を防ぐことが可能です。

 

入浴前に押さえておこう!加齢臭を発生させやすい箇所

入浴する前に加齢臭を発生させやすい体の部分を理解しておきましょう。

 

耳の後ろ

耳の後ろを気にして洗っているという方は少なく、皮脂が最もたまりやすい場所です。

 

皮脂腺が一番多い箇所。蒸れと髪の毛につく細菌等が酸化してニオイを発してしまいます。

 

首のうしろ

背中の上部分から首の付け根あたりにかけての部分は、脂が多い場所です。
他にも顔(おでこ・鼻のわき)・脇の下・胸まわり・肘や膝の関節の後ろも注意して洗うようにしましょう。

 

加齢臭の嫌なニオイを抑える正しい体の洗い方

タオル

 

入浴時、体を洗う時のポイントをご紹介します。下記内容に注意しながら、実践してみましょう。

 

ゴシゴシ洗いはNG

体を洗う時に気をつけていただきたいこと。

 

それは、あかすりや荒めのタオルの使用は絶対厳禁であること。
そして、体の汚れを落とそうと力強くゴシゴシと洗ってしまうことは、絶対NGです。

 

強く洗うことで、皮膚に刺激を与え、傷ついた状態になります。
そのような状態は、余計に皮脂の分泌を活発にしてしまいます。

 

加齢臭のニオイには、皮脂の分泌を抑えることが大切です。
ゴシゴシ洗いは絶対にやめましょう。

 

泡をたてて洗う

柔らかめのタオルもしくは、手のひらで石鹸を泡立てて、マッサージするように体を洗います。
加齢臭対策専用石鹸を使うと、驚くほど泡が出ます。

 

無駄な皮脂を落とさず、泡の力で洗浄・殺菌し、加齢臭の元となるノネナールを抑えてくれます。

 

加齢臭が発生しやすい部分は要注意

洗い忘れがちな耳の後ろ、おでこ、鼻のわきをたっぷりの泡で洗い、髪の毛や首の後ろ、胸の辺りを注意して洗うようにしましょう。

 

他、汗がたまりやすいわきの下や手足の関節、腰、足の指の間も注意して洗って下さい。

 

湯船につかる

湯船の温度を40度〜42度に設定します。
体を洗った後にお風呂に入るのではなく、体を洗う前に湯船につかり、たっぷり汗をかきます。

 

毛穴が開いた後に、石鹸の泡で、加齢臭を発生させやすい部分に注意をはらいながらやさしく洗うと、翌日も加齢臭のニオイを抑える効果が得られます。

 

朝シャワーを浴びる

人間は寝ている間にペットボトル1本分500mlの汗をかいています。

 

「旦那さんの枕が臭う」というのは、汗をかいているからです。
加齢臭が気になる方は朝シャワーをおススメします。

 

41度の温度に設定したシャワーを浴びると、加齢臭のニオイが通常の1/5に減少するという結果があります。

 

体を洗った後の保湿も忘れずに!保湿が加齢臭対策になる

体を綺麗に洗った後は、やわらかいタオルで水気をとり、その後の保湿が加齢臭のニオイ対策の鍵になります。

 

特に乾燥の激しい冬は、肌にうるおいを与えてあげましょう。
乾燥した皮膚の状態は、皮脂の分泌を活発にしてしまいます。

 

メンズ化粧水やボディーローションで保湿をしっかり行い、皮膚の酸化を予防することが大切です。

 

加齢臭対策の秘訣は体を洗う時の石鹸にあり!

加齢臭対策用の石鹸

 

「加齢臭がある」と自分で気づいたら、加齢臭対策をとっていかねばなりません。

 

ニオイケアにと〜っても効果的な「加齢臭石鹸」を使うのがおすすめです。
加齢臭の臭いの原因にピンポイントで働きかけるため臭いを予防できるのです。

 

普通の薬用石鹸ではどうしても落ちなかったあなたの加齢臭がスッキリ落ちるかもしれません。

 

「あれ?臭いがいつもと違うな?」と気づいたら今まで使ってる石鹸をやめて、加齢臭に効果的な石鹸に変えてみましょう。

 

加齢臭石鹸はなぜニオイ予防に効果的なの?

通常の石鹸で洗っても効果は感じられなかった方が、加齢臭専用石鹸を使ったら効果を感じることができたと大好評の声。

 

殺菌・防臭・皮脂洗浄の3つの効果が、ノネナールの発生を防いでくれる鍵となります。

 

加齢臭の原因はノネナール!

体内から分泌される皮脂。皮脂腺から出る脂質が酸化することにより作られるノネナール。

 

30代で皮脂量の分泌がピークを迎え、年齢を増すごとに強烈な臭いを発してしまいます。
加齢臭の臭いの元となるノネナールを除去することが大切です。

 

ノネナールが原因のニオイを断ち切り、身体や衣類を清潔に保つためのエチケットを身につけましょう。

 

加齢臭石鹸ならノネナールを効果的に予防できる

では、通常の石鹸には加齢臭を防止してくれるような3つの効果はないのか?というと、答えは、もちろんあります。

 

1日の肌の汚れや汗等を洗い流し、綺麗にしてくれる点では、普通の石鹸もニオイ消臭に優れたものであるといえるでしょう。
しかし通常の石鹸と違うところは、加齢臭石鹸は「薬用石鹸」だということです。

 

薬用石鹸は、医薬部外品に属し、加齢臭除去にポイントをおいて研究・開発されています。
そして加齢臭石鹸は、通常の石鹸より泡立ちがよく、身体の表面に成分が残り、体臭を抑えてくれる効果があります。

 

品質・安全性においても問題はないので、小さい子供から大人まで、ご家族みんなで使用が可能な石鹸です。

 

口コミで人気!おすすめの加齢臭石鹸は?

口コミで人気の加齢臭石鹸をご紹介します。ご参考にして下さい。

 

1.薬用柿渋石鹸「柿のさち」

柿のさち石鹸

 

加齢臭対策石鹸ランキングで1位を獲得した「柿のさち」は、使用後もリピーターが多く、加齢臭のニオイ消臭に抜群と大評判です。

 

柿のさちの公式サイトをみてみると、柿渋エキスの他に厳選された成分を配合・消臭率97%・洗浄&殺菌&消毒&保湿力の高効果・泡立ちの良さと4つの特徴を持ち合わせています。

 

自然保湿成分の渋柿は、防臭効果が最も高く、皮膚の保護をしてくれます。
その他、ニオイの元となる菌を除去してくれる「トロクロカルバン」や、洗浄力が高い天然泥成分の「ベントナイト」が、皮脂を綺麗に洗い流してくれます。

 

正しいボディーの洗い方で、加齢臭の嫌なニオイとおさらばすることができます。

 

2.男のたしなみ

男のたしなみ石鹸

 

こちらも「柿のさち」と同様の支持を誇る加齢臭・体臭用石鹸。

 

国産柿渋エキス・ローヤルゼリー・茶カテキン・ムクロジ・大豆油・カロットエキスの6つの自然由来成分配合。
中でも柿渋は、皮膚を保護しながら、ニオイの元をケアする特徴があり、肌にやさしい成分です。

 

そして柿渋とダブルでより消臭効果を高めてくれる茶カテキンを含んでいる点もポイントです。
泡立ちがとてもなめらかで、しっかりと泡が立ちます。マッサージするように身体を洗って、ニオイ除去が完璧にできます。

 

3.サントリープラスデオ

サントリープラスデオ

 

94%以上のお客様に、洗い心地に満足という結果をもらったプラスデオ石鹸。

 

その鍵は、「抗ノネナールPC」
ポリフェノールパワーを生かした4つの成分「ウーロン茶」「甜茶」「柿渋」「緑茶」を配合して、ノネナールを劇的に減少させる効果があります。

 

プラス、爽やかなシトラスの香りと濃厚な泡立ちで、毎日気持ちよく過ごすことができると大好評です。

 

加齢臭対策には効果的な石鹸を使って正しく体を洗いましょう

いかがでしたか?

 

「加齢臭石鹸は、実に効果が実感できる」と、大多数の方に支持されています。

 

加齢臭石鹸の成分「柿渋」が上記で紹介した石鹸以外の加齢臭石鹸にも含まれているので、柿渋がノネナールの元を抑えるのに効果的だということもわかりました。

 

加齢臭だからというのではなく、家族みんなで使える点も魅力の一つですね。
加齢臭石鹸を使って、ニオイを気にする事なく、毎日を過ごしていきましょう。

 

 

※関連記事

加齢臭はいつからどんな臭いがする?臭いの原因とは?

加齢臭対策クリーム比較ランキング!効果の持続性で選ぶならコレ!