加齢臭はいつからどんな臭いがする?臭いの原因とは?

加齢臭で落ち込む

物悲しいネーミングと共に世の中年男性を恐怖のどん底に叩きこんだ加齢臭。
年齢を加える事で発生するという、そのものすばりなネーミングには唸るしかありません。

 

ですが、強烈なインパクトを与える加齢臭の言葉だけが独り歩きしてしまい、その肝心な加齢臭の定義は、完全に置き去りになった感は否めません。
では、加齢臭とは、一体、いつから発生するものなのでしょうか?

 

加齢臭対策クリーム比較ランキング!効果の持続性で選ぶならコレ!

 

加齢臭とは?臭いの発生はいつから?30代から発生する?

加齢臭とは、体の皮脂線から出た皮脂汚れの中のパルミトオレイン酸が、過酸化脂質と結びついて、発生するノネナールという物質から発生するニオイ成分です。

 

そのニオイは、ロウソクのニオイとも、古本のニオイとも、古い油のニオイとも形容されます。
これだけだと悪いニオイではないのですが、これに汗臭さや、タバコのニオイ、そして、酒や香水のニオイがプラスされる事で、「ウッ」という強いニオイになります。

 

それは、ともかくとして、このノネナールが発生する為には、皮膚の新陳代謝が衰え、脂質を分解する体の抗酸化作用が衰えるという事が大きな原因になっています。
つまり、厳密な意味での加齢臭とは、若い頃、新陳代謝が活発な頃には起こり得ないのです。

 

では、いつからが加齢臭になるのか?と言いますと、これは40代から発生するというのが一般的な認識という事になります。

20代、30代から発生するニオイは加齢臭ではないのか?

加齢臭の発生は40代からと断定すると「いや、私は30代だけど加齢臭がある」と言う方もいます。或いは、もっと若く20代でも、「最近は加齢臭が酷くて」とぼやく人はいるでしょう。

 

しかし、20代の人のいう加齢臭は、ただ、エクリン腺から分泌されたアンモニア臭がタバコや酒、香水のような様々なニオイと混じり合った「汗臭さ」が原因である事がほとんどです。

 

一方で30代の加齢臭ですが、こちらは、デオドラント製品で有名なライオンの研究によって新たなニオイ成分が関係していることが分かりました。

 

そのニオイ成分とは、加齢臭物質「ノネナール」ではなく、「ぺラルゴン酸」という物質である事が分かりました。

 

ぺラルゴン酸は、こちらも皮脂が酸化した結果、発生するのですが、その、ニオイは使い古しの油のすえたニオイなのだそうです。
こちらは、こちらで大変そうではありますが、兎も角、ニオイ成分がノネナールではないので、これを加齢臭と呼ぶのは適当ではないように思われます。

 

加齢臭は40代から始まるが、若い世代も油断は出来ない

このように、加齢臭とは、40代を境にして始まるニオイ物質ノネナールが原因だと結論しました。しかし、じゃあ、40代になるまでは、加齢臭とは関係ないんだなと思ってはいけません。

 

30代の加齢臭の頁でも、述べたように、30代ではペラルゴン酸という別のニオイ物質が発生しそのニオイは、使い古しの食用油のニオイという強烈なものでした。

 

こちらも皮脂の酸化から発生していて、臭いという意味では加齢臭と違いはありません。とりわけ、男性は、加齢臭の原因になる皮脂が女性よりも大量に出ていて、これを放置できません。

 

加齢臭対策ならノネナールの発生原因を知ろう!

加齢臭がきつい男性

 

ぺラルゴン酸にしてもノネナールにしても、肉食中心の脂っこい料理を食べた事によって、その原材料が体内にストックされるのは、間違いが無い事実です。

 

まずは、湯船に浸かる事で、皮脂を洗い流して酸化を防ぎ、食事を改善してビタミン類のような、抗酸化成分を積極的に取り入れて、深酒やタバコのような活性酸素を活発にするような習慣を改める。

 

また、若いからといって、無茶苦茶なサイクルで仕事をすると運動不足で肥満体になり、それこそ、代謝が衰えて、加齢臭予備軍が確定してしまう恐れがあります。

 

そうなってしまうと若い頃と多少ニオイが異なるだけで加齢臭から逃れる事は出来ないでしょう。40代でなくても、加齢臭対策は、若いうちからする必要があるのです。

 

ではその加齢臭は一体どんなことが原因で起きるのでしょうか?

 

そもそも、加齢臭とは何の事なのか?

加齢臭の原因になるのは、人間の皮脂腺から出る皮脂汚れです。
そして、皮脂線の中のパルミトオレイン酸という脂肪酸と過酸化脂質が結びつくとこれが加齢臭のニオイ成分であるノネナールに変化してしまいます。

 

ところが、このノネナール、人間の代謝能力が高く、皮膚が次々生まれ変わるような抗酸化作用が高い若い頃にはほとんど発生しない事が分かっています。
しかし、40代を迎える頃になると、代謝は低下して、皮脂もいつまでも分解されないので次第に腐敗するようになり、ノネナールのようなニオイ成分に代わってしまうのです。

 

つまり、若い頃には発生しないが、「加齢」によって発生する「臭い」だから、これを加齢臭と呼ぶようになっているのです。
皮脂汚れは、男女共に分泌されますので、加齢臭は男女に関係なく発生しています。ただ、男性の方が、分泌する皮脂の量が多いので、加齢臭は=親父臭になってしまいました。

 

ノネナールの発生するメカニズム

ある程度の年齢を経ると漂ってくるニオイ「加齢臭」。このニオイの原因になるのがノネナールです。
ノネナールとは、9−ヘキサデセン酸が沢山の皮膚の細菌や過酸化脂質により分解される過程で発生します。

 

どうして、ノネナールが出来てしまうのか?

ノネナールの発見と加齢臭というネーミングは2000年の12月に資生堂の研究室から発表されました。
現在の加齢臭研究は、この理論に則っていますが、ではどうしてノネナールが出来てしまうのでしょう?

 

そのキーワードとなるのは体の老化による代謝の低下でした。
ノネナールの原因である9−ヘキサデセン酸は皮膚の常在菌によっても分解されますが同時に過酸化脂質によっても分解されます。

 

しかし、若い頃には、9−ヘキサデセン酸は、ほとんど発生しませんので、分解する過酸化脂質と常在菌があってもニオイは発生しないという事になります。
ところが、40代を迎えると代謝の低下から、この9−ヘキサデセン酸が皮膚に多く蓄積されるようになります。

 

また、代謝の低下は免疫の低下も産み出し本来なら自然に殺菌される皮膚の常在菌が多く生き残ります。
これに、加えて過酸化脂質の分泌も老化によって増加していきます。

 

つまり、9−ヘキサデセン酸+常在菌の増加+過酸化脂質の増加=ノネナールの発生このようなノネナール公式が出来上がるのです。

 

ノネナールを発生させる3つの悪習慣

すでに前述したように、ノネナールは、過酸化脂質によっても分解されています。
それは、老化によって体が錆ついてしまっているという意味でもあるのです。

 

体内が酸化すると、免疫力が低下して、代謝が落ち、本来燃やされる脂肪が燃えずに蓄積されていき、それが、皮膚に分泌されて、やがて過酸化脂質になります。

 

ですから、この過酸化脂質を増やすような生活を送っていると、自然に、ノネナール臭が強くなり、親父臭いと言われるようになります。

 

1.脂肪や炭水化物の多い食事

過酸化脂質を増やす原因の1つに、脂肪分の多い食事、炭水化物の取り過ぎが挙げられます。
日頃、野菜をあまり摂らずに、食べたいものだけ食べている人は要注意ですね。抗酸化作用のある野菜や果物を摂らないと、脂肪分が酸化しやすくなります。

2.アルコールやたばこなど嗜好品を好む

飲酒、また、タバコを吸う習慣のある人は体内の活性酸素を増加させてしまいこれにより過酸化脂質も増加すると言われています。
というのも、過酸化脂質自体が活性酸素と結び付いて発生するものだからです。

 

つまり、活性酸素を大量に発生させるような生活習慣、喫煙や、ストレス、睡眠不足や働き過ぎもノネナールを増加させる原因になります。

 

3.運動不足もノネナールの原因

上に書いた事と関連する事として、食べた分のカロリーを消費しないと、やはり、カロリーが脂肪として蓄積して、その一部が過酸化脂質として体外に排出されます。

 

しかし、一般のデスクワークでは、カロリー消費は難しいので、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をしないとノネナールの増加は避けられないでしょう。

 

上記のように、ノネナールの原因には様々な要因がありますが、特に活性酸素と過酸化脂質の結びつきは成人病の9割の原因と言われていておろそかには出来ない事です。

 

加齢臭を抑える対策には、どういうものがあるのか?

ノネナールの原料となるパルミトオレイン酸は脂質を多く含む食事を摂る事で増加してしまいます。
脂質と言えば、牛肉やドレッシング、フライドポテト、チーズやウインナーなどの、肉製品や油を大量に使った食品という事になります。

 

従って、普段の食事がこれらの食品に偏っている人は、普段から、体内に一生懸命にノネナールの原料をせっせと備蓄しているそう考えても仕方がありません。
また、激しい運動や喫煙の習慣、激しいストレスを感じると人間の体内では活性酸素が増殖してしまいます。
これが、増えると、ノネナールの原因である過酸化脂質も増大してしまうのです。

 

これらを総合して考えると、加齢臭を抑えるには、肉類や脂っこい食事を控え、喫煙を止めて、激し過ぎる運動を抑えて、ストレスを溜めこまないという事になります。

 

つまり、健康的な生活サイクルを行う事で、加齢臭対策は有効になるという事ですね。
そして、最大のポイントは入浴時の石鹸やボディソープの使用です。

 

実は、ノネナール除去のための専用のボディソープが市販されています。
そういった商品を使うことで効果的に加齢臭対策が出来るのです!

 

 

加齢臭対策クリーム比較ランキング!効果の持続性で選ぶならコレ!