加齢臭とは違う「ミドル脂臭」って何?臭いの違いとは?

鼻をつまむ女性

 

パワハラ・セクハラに続く、「スメハラ」
多くの女性を悩ます臭いは、スメルハラスメントに値します。

 

「臭いは臭いだから仕方ない。」と諦め、開き直るのではなく、社会のルール・エチケットに基づき、ちゃんとしたニオイ対策をしないといけません。

 

そしてなんと、加齢臭とは違った臭い!ミドル脂臭というのがあります。
ミドル脂臭は、どんな臭いなのでしょうか?加齢臭との違いについてご紹介します。

 

加齢臭対策クリーム比較ランキング!効果の持続性で選ぶならコレ!

 

加齢臭とミドル脂臭について

加齢臭とミドル脂臭を比較してみましょう。
まず加齢臭は、毛穴の奥の皮脂腺から分泌される皮脂が酸化し、不飽和脂肪酸9−ヘキサデセン酸と過酸化脂質が結びつき、酸化・分解されて「ノネナール」という物質を作り出します。
この「ノネナール」が加齢臭の原因となり、40代以降の男性を悩ます不快な臭いを発生させます。

 

若い頃は身体に抵抗があり、皮脂の酸化を防いでいましたが、40代で皮脂の分泌が盛んになり、酸化を抑えるのが難しくなります。
年齢を重ねるごとに、自分自身でも臭いが変わったな?と感じる方が、少なからずいるのが現状です。

 

これに対し、「ミドル脂臭」はどうでしょうか?
加齢臭とミドル脂臭では、まったく成分や臭いが違います。
加齢臭は、早い方だと20代、30代から臭いを発するといいますが、それは本当に加齢臭が原因でしょうか?

 

30代から40代に見られる中間年齢世代特有のにおいは、もしかしたら「ミドル脂臭」が原因でしょう。

 

加齢臭とどう違う?ミドル脂臭の原因とは?

上記で加齢臭のメカニズムについて述べましたが、ミドル脂臭のメカニズムはどうでしょう。

 

ミドル脂臭は、汗に含まれる乳酸が、頭皮に住んでいるブドウ球菌により、代謝・分解されて発生する「ジアセチル」という物質が原因です。
そのジアセチルが、皮脂と共存することにより、更にきつい臭いを発生させます。

 

ジアセチルは、加齢臭の元となるノネラールより、空気中に広がりやすい性質の為、多少の量でも、臭ってしまいます。

 

臭いを発する部位は、主に頭部や首であり、何度も使い古した油のような臭いがします。
頭部や首の臭いは、足や脇といった部位に比べて、自分では気づかないのが特徴です。

 

このような臭いに対して、加齢臭の一般的に言われている臭いは、古本のような臭い・チーズの臭い・ろうそくのろうの臭いで、皮脂の分泌の多い箇所(耳の後ろ・頭・背中・胸・首)から臭いを発生させます。

 

ミドル脂臭と加齢臭は似ているようで、臭いを発する身体の各部分や年齢・臭い・ニオイのメカニズムが違います。

 

いずれにせよ臭いに関して敏感な女性は、このような臭いが特に苦手だとも言われているので、ニオイ防止対策をとっていく必要があります。

 

ミドル脂臭を発してしまいやすいタイプはある?

普段の生活習慣の乱れが、ミドル脂臭を招いてしまいます。既婚・独身・年齢に関わらず、自分のニオイが気になっている男性は、以下のタイプにあてはまるかどうかをチェックしてみましょう!

 

  • 頭から首にかけてよく汗をかく。又は、かきやすい。
  • 普段の食生活は、肉中心で、インスタント・ファーストフード・外食が多い
  • 野菜・フルーツを食べる習慣が少ない
  • 太り気味・肥満体質・痩せていても体脂肪が多い
  • 1日3食摂らず、食事が不規則
  • 夜食・間食を多くとる生活をしている
  • 普段から運動不足ぎみで、最近全然運動をしていない
  • 自分の枕が臭い。または汗で色がついてしまう
  • 頭や首の後ろがベタベタしていることが多い
  • ストレスを抱えていることが多い
  • ゆっくり休みをとる時間がない
  • 湯船につかる習慣がなく、毎日シャワーでささっとすませている。
  • 夏場は常に冷房のきいた部屋にいることが多い

 

ニオイケアでさわやかな毎日を

ミドル脂臭についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
ニオイは身だしなみと一緒です。この記事を読んで、ミドル脂臭だなと感じたら、すぐに生活習慣を改善し、ニオイケアの対策をとっていきましょう!

 

 

※関連記事

加齢臭はいつからどんな臭いがする?臭いの原因とは?

加齢臭対策クリーム比較ランキング!効果の持続性で選ぶならコレ!